日本社会医学会
TOP
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本社会医学会のホームページへようこそ
 
※日本社会医学会の会費納入は、郵便払込票で手軽にできます
詳しくは最下部の「郵便払込用紙のダウンロード」をご確認ください
団体名 日本社会医学会
JAPANESE SOCIETY FOR SOCIAL MEDICINE
設立年月日 1960年7月に社会医学研究会発足
1999年度より名称を日本社会医学会とした
会の目的 「本会は会員相互の協力により、社会医学に関する理論およびその応用に関する研究が発展助長することをもって目的とする」(会則第3条)
主な活動 1. 学会の学術集会の開催(年1回)
2. 学会機関紙の発行『社会医学研究』(年1〜2回)
3. 学会ニュースの発行『社会医学研究レター』(年3回)

国民の健康に関わる研究・教育・実践活動に従事されている皆さん!
保健・医療・福祉系大学院・学部の学生の皆さん!
「日本社会医学会」に是非ご参加下さい。

学会は、1960年に創設された社会医学研究会(社医研)が発展して1999年に「日本社会医学会」と改称されました。現在、医療関係者だけでなく福祉や教育関係者に数百人の会員がいます。

会医学会は、国民の健康や生活に生じる問題と社会との関わりを解明し、社会的な予防対策を自由闊達に議論する場となっています。1960年以来、年一度の総会と、地方例会や機関誌「社会医学研究」の発行を通じて、国民の健康問題に取り組んできました。

の間の活動を振り返ると、僻地医療、地域での難病者、高齢者・障害者、公害・環境汚染、薬害、過労死・職業病、母子・小児保健などさまざまな課題が議論されています。問題の検討に際して、時には専門家だけでなく、被害者や患者や住民自身と共に検討することも行ってきました。本学会での報告が、社会やマスコミから注目され問題解決の糸口になったことも少なくありません。

期に及ぶ経済不況や戦争の影は、あらゆる国民の健康や生活にさまざまな影響を及ぼしつつあります。地域生活や労働生活、そして学校生活など、社会医学が対象とする領域は国民の生活全般に及びます。
皆さんの参加で、新たな歩みを始めたばかりの「日本社会医学会」をいっそう大きく豊かな研讃の場としていただきますよう心より期待しております。

2003年7月26日
日 本 社 会 医 学 会

入会希望者は入会申込フォームよりお願いします。

連絡先 〒464-8601 名古屋市千種区不老町
名古屋大学情報科学研究科
宮尾克研内 日本社会医学会事務局
TEL/FAX : 052-789-4363
メール:miyao@nagoya-u.jp
年会費
(7月〜翌年6月)
一般 7,000円
学生 3,000円(2012年7月 改定)
年会費を払いましょう。
copyright (c) 2009 日本社会医学会 All rights reserved.